1. ライオンズクラブは社会奉仕団体(ボランティア)です。

  2. こちらは東京麻布ライオンズクラブの公式ホームページです。

  3. 当クラブの活動報告の場/支援する団体・活動の啓発の一環として無償で運営・管理されています。

azabulions@mwm.co.jp | 東京都大田区久が原 6-15-5 | TEL:03-6914-3516

Copyright © Tokyo Azabu Lionsclub. All Rights Reserved.

こちらの東京麻布ライオンズクラブのホームページは株式会社ジャパン企画設計(JKS)により作成され、無償で運営・管理されています。

ACTIVITY

日本赤十字社 献血活動サポート

血液は人間の体の中でしか造れない。
日本赤十字社 献血活動を支援しています。
もっと見る

病院では、毎日多くの患者さまが輸血を受けています。交通事故などの大きな怪我や手術、また、がん治療や再生不良性貧血の支持療法として、輸血はなくてはならない治療法です。 現在、輸血用血液は献血によって賄われていますが、医療現場が必要としている血液製剤の大部分は400mL献血と成分献血由来の製剤です。 A・B・O・ABやRhなどの血液型が同じでも血液はひとりひとりで微妙に違います。免疫反応による重大な副作用や、肝炎などの輸血後感染症の危険性を少しでも減らすためにも、できるだけ少人数の献血者による血液を使うことが望まれます。 病院では安全性への配慮から、400mL献血製剤の輸血を基本にしています。しかし、輸血に必要な血液量を400mL献血製剤だけでは確保できず、やむなく200mL献血製剤を合わせて輸血しているのが現状です。 輸血を必要としている患者さまの安全性向上のために、400mL献血の基準を超えている方は、ぜひ400mL献血にご協力ください。

こちらの文章は日本赤十字社 東京都赤十字献血センターのHP記載内容を参考にしています。
医療現場では400mL献血の血液を必要としています!

人間一人ひとりの血液は、たとえ血液型が同じでも微妙に違っています。このため一人の患者さんに複数の献血者からの血液を輸血すると、その献血者が多いほど副作用(発熱や発疹など)発生の可能性が高くなります。成分献血、400mL献血は、200mL献血に比べて献血量が多いことから、少ない献血者からの輸血を可能にし、患者さんの安全性を向上させる献血方法と言えます。血液センターでは、献血のお申し込みをしていただく方の健康状態について慎重に確認した上で成分献血、400mL献血のご協力をお願いしています。

活動支援
献血会場の運営
防衛省施設内などでの献血会場運営
設備費用への寄付
献血活動に必要な車両や設備
啓発活動資金の支援
啓発活動に必要な設備などへの支援を行う
東京麻布ライオンズクラブはこのような形で日本赤十字社 献血活動を支援しています。

CONTACT US

お問合せ・ご質問は下記のご連絡先にお願い致します。

〒146-0085

東京都大田区久が原 6-15-5

東京麻布ライオンズクラブ事務局(担当)

azabulions@mwm.co.jp

 

TEL:03-6914-3516  FAX:03-6914-3557

当クラブに関するお問合