1. ライオンズクラブは社会奉仕団体(ボランティア)です。

  2. こちらは東京麻布ライオンズクラブの公式ホームページです。

  3. 当クラブの活動報告の場/支援する団体・活動の啓発の一環として無償で運営・管理されています。

azabulions@mwm.co.jp | 東京都大田区久が原 6-15-5 | TEL:03-6914-3516

Copyright © Tokyo Azabu Lionsclub. All Rights Reserved.

こちらの東京麻布ライオンズクラブのホームページは株式会社ジャパン企画設計(JKS)により作成され、無償で運営・管理されています。

ABOUT US

Lions Clubs International

ライオンズクラブ国際協会

ライオンズクラブ創設者
メルビン・ジョーンズ
「人は、誰かのためになることをして、初めて成功したといえる」

メルビン・ジョーンズは、かつて保険代理店を経営していました。「意欲、知性、野心によって成功を収めた会員たちが、その能力を地域社会の向上のために活用したらどうなるだろうか?」その考えから地域社会を支援する組織を立ち上げました。単なる商売上の集まりに留まらず、社会の為の有益な団体にならないかという思想を各種団体に呼びかけ「ライオンズクラブ協会」が結成されたのです。結成から3年で、クラブは国際的な団体に成長をしました。

1917
ライオンズクラブ創設
1945
国際連合憲章の起草への助力
1952
日本で初めてのクラブが誕生

世界最大の奉仕団体 ライオンズクラブは地域への奉仕活動を目的として組織された団体です。約46,000のクラブと136万人の会員で、ライオンズは世界最大の奉仕団体となっています。行政の手が及ばない分野にも、経験にとらわれず、タイムリーな活動を行っています。各クラブではその地域社会で真に求められている事を探し出し、その奉仕の仕方を研究・実践しています。1917年にアメリカシカゴで創設されました。(ライオンズクラブ国際協会によって設立されたLCIF(ライオンズクラブ国際財団)は、イギリスの経済紙『フィナンシャル・タイムズ』がダールベルク・グローバル・デベロップメント・アドバイザー及び国連グローバル・コンパクトと協力してまとめた評価において、協力すべき世界最高の非政府組織に格付されています。)

ライオンズクラブ国際協会 会長
L. 山田 實紘
330-A地区 ガバナー
L. 近藤 正彦
“日本から34年ぶりに国際会長が誕生“

 今年度2015年~2016年はL.山田實紘が日本人2人目の国際会長として就任しました。山田L.は脳神経外科医。1985 年に美濃加茂ライオンズクラブに入会。平和・希望・決意・チームワーク、そして奉仕がつなぐ人と人との絆。会長今年度テーマです。L.クラブでの活動の他、社会医療法人厚生会木沢記念病院など、複数組織の理事長を務めています。 

「誇らしく思う心と喜びと奉仕とを」

1981年に近藤正彦建築研究所設立。2001年東京八王子陵東L.クラブ入会。現在、ライオンズクラブ国際協会330-A地区、2013 -2014年度 第二副地区ガバナーとして、薬物乱用防止活動の推進と共に、スポーツ等を通した奉仕活動などに尽力。東日本大震災被災地域へ訪問するなど、被災地に即応した有効で継続した奉仕活動に取り組んでいます。

東京麻布ライオンズクラブ

 

1/12

国際認証番号 / International Code :District No.5470/Club No.0214514 所属/ Position 330-A-3Region-2Zone(Tokyo Japan)

東京麻布ライオンズクラブは1963年6月に結成され、2016年に54期目を迎えます。

ライオンズの世界的な活動としては視力保護に対する支援があります。ヘレン・ケラーをご存知ですか。 ヘレン・ケラーが1925年に“盲人の騎士たれ”とライオンズの国際会議でスピーチをしたことがきっかけとなり、視力回復や失明予防、視覚障害者に対する奉仕活動に取り組むようになりました。盲目杖の普及や発展途上国への眼鏡の寄付などはクラブが世界規模で取り組んできた社会奉仕活動であり、今でも継続しています。

1963年 設立
設立以来50年以上に渡り奉仕活動を継続
クラブ例会の開催
毎月の会議・奉仕活動を行うことが奨励されている
奉仕活動の輪を広よう
職業や個人の域を超えチームワークを発揮
視力回復や失明予防、視覚障害者に対する奉仕活動が世界的によく知られています。

MASSAGE

あなたにしかできないことがある…

今もどこかで苦しんでいる人たちがいる…。楽しんでいる人たちの声はよく耳に届くものですが、辛く苦しんでいる人たちの助けを求める声は中々耳に届かないものです。その声を誰かが聴き誰かが手を差し伸べないと、私たち自身が楽しく幸せに暮らすことができないかも知れません。

東京麻布ライオンズクラブでは、視力に障害をかかえ、角膜移植手術を必要とする人たちを救済するため、角膜提供に関する啓発とドナー登録を呼びかけ、全国のアイバンク活動支援を目的にドナーズ・フェローシップ・コンサート ~愛の光を届けたい~』を開催しており、2015年5月8日 銀座YAMAHAホールで第5回を向かえます。その他にも献血への協力、献眼、薬物乱用防止、など過去の経験にとらわれず、タイムリーな活動をしております。

 
東京麻布ライオンズクラブ第54期スローガン
「みんなで育てよう!東京麻布ライオンズクラブ」

国際認証番号 / International Code :District No.5470/Club No.0214514

スポンサークラブ / Sponsor Club:東京赤坂ライオンズクラブ

結成年月日/ Organaize day 1963年6月8日 チャーターナイト/ Charter Night 1963年10月20日

所属/ Position 330-A-3Region-2Zone(Tokyo Japan)

ライオンズクラブの会員は、東京麻布L.クラブ内だけでも弁護士・建築家・事業家・個人事業主の方など職種・年齢など様々です。当クラブは1963年6月に結成され、今年で54期目を迎えました。職種・年齢などの垣根を超え、共に社会奉仕活動(ボランティア)に賛同しご参加頂ける方を求めております。国際協会はシカゴにあり、国際協会から各クラブに情報が発信されます。上下がある組織ではなく、基本的に役職が1年制で役員も毎年交代します。

CONTACT US

お問合せ・ご質問は下記のご連絡先にお願い致します。

当クラブに関するお問合(東京麻布ライオンズクラブ会員の方はこちら
 

〒146-0085

東京都大田区久が原 6-15-5

東京麻布ライオンズクラブ事務局(担当)

azabulions@mwm.co.jp

 

TEL:03-6914-3516  FAX:03-6914-3557